スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私の紅葉
2010/11/27(Sat)
京都に行ってきました。

楽しかったあ


紅葉

もみじって
緑から黄色になってから赤になるんだね。

知らなかった。

すぐ真っ赤になるのかと・・・


ずっと上を見ながら歩いてたら、転んでしまったよぉ

人がいっぱいいて恥ずかしかったけど

本当はそのまま寝転がって居たかったな。




京都旅行のはずかしい旅日記は

『沖似いりのたびたびタビンチュ』でコッソリ公開中です。

優しい人だけ来てね~
スポンサーサイト
この記事のURL | 沖似いりの日記 | CM(18) | ▲ top
今日の美人さん♪
2010/11/21(Sun)
トックリキワタだよん~

とっくり
日差しが強すぎて、白っぽく見えるけど、
艶やかなピンクだよ。


週末はだって言ってなかった

予想外の

良い天気なんですぅ

別の角度から
とっくり2

急遽
美人さんの撮影会に飛び出したのです

場所は那覇市の海南バス停前

予想どおり

満開なのだあ

とっくり4

トックリキワタの花木は

身長が10メートル~20メートルぐらいもあって

遠くからでも人目引き寄せる魅力的な美人さん

下から見上げて空の青をバックに
とっくり5


みんな美人さんに引き寄せられて、

近づいてくるよ・・・

でも
メタボ腹なのだあ
とっくり6

トックリは漢字で書くと『徳利』

幹が1.6メートルもある徳利型なんだ。

別名『酔っ払いの木』と言われてるのは、その太っ腹にお酒を隠してるせいかな~



夜強い北風が吹いた翌朝、

ピンクの花を一面に撒き散らしてまるで酔っ払いの乱れたお姿の美人さん

時々近所のお庭で見るんだけど

それがなかなか綺麗で立ち止まってしまうのです。

掃除が大変そうだけど
この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
海の彼方
2010/11/19(Fri)
最近ジムに通ってるけど

ついでに血圧も測る。

低血圧だったのね私・・・いつも眠たいのはそのせい?

上が89だった。(下は50ぐらい)

これってかなり低いらしいんだな^^

運動してサウナに入ってやっと100だ。

冬はやっぱり冬眠しないとぉ。

今朝は雨降ってさらにダルイ

沖似いりの音楽を聴いて
血圧を上げよぉ~


パーシャクラブの『海の彼方』



ヴォーカルの新良幸人(あらゆきと)さん

今年始めに行ったチャリティーコンサートでは

トラの着ぐるみを着てうたってた、かわいいおじさん(シツレイ!)
楽屋では泡盛飲んでたというウワサ

顔は怖そうだけど(シツレイ!)

三線の名手だよん~

よかったらこちらも聴いてみてね。

三線がすばらしい~です

新良幸人『ファムレウタ』



『ファムレウタ』とは沖縄の方言で『子守りうた』のことです。

高血圧の方に
この記事のURL | 沖似いりの音楽 | CM(20) | ▲ top
がじゅまる君
2010/11/17(Wed)
今日はいい天気

がじゅまる

何度ぐらいかな?

24度でした。

朝方は20度きって18、19度。さむ~い

ケド

日中は太陽が上がると暑くなって

家の中ではTシャツ一枚でも大丈夫

沖縄は海に囲まれているので海風が強くて気温のわりには寒いんだ。

逆に夏は30度越えても海風のお陰で涼しいよ


風に乗ってやってきた『気になるヤツ』

今年の4月に気がつくと(あまりベランダ出ないの)生えていたよぉ

わい


シーカーサァーの木かな?

夏にはいっぱい実をつけてくれるかも

毎朝新鮮なシーカァーサーのジュースを作ってあげるさあ



11月17日現在・・・大きくなりましたあ

がじゅまる2

でも

これは

たぶん、『がじゅまる君』みたいだあ。

小さいくせにヒゲがある。

こんなに大きくなって
がじゅまる3

夏にはセミが大合唱するのよねぇ~ウルサ~イ

私の家の狭いベランダに間違って降りてしまったドジな『がじゅまる君』

かわいくて捨てられないのだけど・・・

この記事のURL | 沖似いりの日記 | CM(2) | ▲ top
恋するアーユルヴェーダ
2010/11/13(Sat)
韓国ドラマ

見始めたら抜け切れません。

夜寝る前の楽しみなんだなあ~


『完璧な恋人に出会う方法』

最終回まで一揆に見てしまいましたあ。ああ~疲れたア

夜が明けてたりして・・・


でね

このドラマを見てたら、アーユルヴェーダのこの本を思い出したので

読み返してみました。



アーユルヴェーダ理論をつかってドラマのカップルをみると。


アーユルヴェーダでは人間は、空と風と水と土でできていて、

その性質を受け継ぐといいます(生まれた時にその割合は決まり体質が決まる)

たとえば空と風が多いヴァータ体質は

軽い、動く、冷たいなどの性質を受けて、あまり物事にこだわらない

ちょっと変わってる~世間の常識にとらわれない

ドラマの中でユニはぜったいヴァーダだなあと勝手に判断。

ユニの上司で大企業の後継者ジュンソク。

ちょっと考えたけど、彼もヴァーダ。

ヴァーダって風と空の性質を受けるので、環境に左右されやすいの。



ヴァーダ女性とヴァーダ男性のカップル

『恋するアーユルヴェーダ』によると

普段は世間の目など関係ナ~イのカップルだけど、

バランスが崩れたヴァーダ(風)は神経質になり不安が高まって~

困ったことに一方のヴァーダがこうなると、もう一方のヴァーダもその振動に共鳴して

不安が加速度的に大きくなってしまう~

ドラマの中でも二人は分かれてしまうの

でもそこにユニの友人のスチャンが助っ人。

スチャンは火の性質のピッタ体質だなキット

友人に対しておせっかいを焼くのはピッタ。

一度やり始めたら達成するまで続けるのもピッタ(火)の性質。

ついでにユニの姉で旅行会社の社長、頭も良くて美人で~名前忘れたア~

は、わかりやすいピッタ体質だにゃ~

ドラマはそのピッタ体質の友人のお陰でハッピーエンドでしたあ



ヴァーダ(風)体質、ピッタ(火)体質、カパ(水)体質の

基本的な体質はヴァーダ医師が問診や脈などで判断して、病気の治療に役立てるのだけど

おおまかな体質は自分でも簡単なテストで判断できるよ

この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。